マーケットに合わせた起業

計算中

先述したように、経済状況の変化、マーケットの変化に伴い、様々な分野において、起業、会社設立が行われました。
観光客が多く訪れる沖縄では、観光客向けのサービスを展開する会社が多く設立されております。
また、原価がかからないということから、IT分野での起業も増えております。
ITの強みは、原価がかからない、コストがほとんどかからない、インターネットの力を使って、世界中に発信できるという強みがあります。
最近では、SNS(ソーシャルネットワークサービス)というのが発展し、SNSを上手に活用し、サービス、ビジネスを展開する起業も増えております。

SNSは最強の広報、広告、宣伝ツールと呼ぶ人もいます。インターネットはコストを安く抑えることができますが、税金などの問題もあるため、しっかり税理士や行政書士に相談する必要があります。

若手起業家

税理士の資料

インターネット起業家の中で、最近有名な人物がいます。
長野広稔(ながのひろとし)さんという若干25歳の起業家です。ヒロトという愛称で知られております。
この方は、大学時代からインターネットの可能性に気づき、インターネットを使って様々なビジネスを展開しました。一人で起業し、一人で会社を運営しています。

インターネット関連の会社設立、運営のためのコストはほとんどかからないそうです。
サーバー代や通信費、税理士への相談料程度だともいわれております。

ネットビジネス

税理士という仕事

先述したインターネット事業で会社設立したヒロト氏は、様々な事業展開を行っております。

メールマガジンの配信、情報商材、アフィリエイト、カメラ転売、FX、輸入ビジネス等々、様々な事業を展開しております。
メールによる無料ビジネス講座を行い、これに興味を持った人に情報商材やノウハウのコンサルを行うといったビジネススタイルを取っております。
無料ビジネス講義の中でも、使うお金を減らし、収入を増やすため、税理士に相談することが大切と述べております。

ITでのマーケティング

急いで相談しよう

先述したインターネットの分野で起業し、会社設立したヒロト氏が、インターネットの可能性を個人のメールマガジン、フェイスブック、ホームページ上で伝えています。動画マーケティングやSNSマーケティングなどがあります。

コンサルティングという形で、個人的に相談も乗っているようで、人と人をつないで紹介するコーディネート業務も行っています。
会社を設立したり個人事業主になると、税金の対策ができるため税理士に相談した方がいいなど、起業に関するアドバイスもしております。